このまちに住んでよかった
亀岡の魅力発見

ー 子どもたちへ、亀岡の豊かな自然や伝統文化を伝えたい ー

  • 亀岡の魅力発見 亀岡子育てネットワーク
  • 亀岡の魅力発見 亀岡子育てネットワーク
  • 亀岡の魅力発見 亀岡子育てネットワーク
  • 亀岡の魅力発見 亀岡子育てネットワーク
  • 亀岡の魅力発見 亀岡子育てネットワーク
 私たちが暮らす亀岡には、古くから京の都の暮らしを支え、国の天然記念物「アユモドキ」が生息する保津川、四方を囲む山々、京野菜やお米を育てている広大な農地、歴史的な町並みが残る城下町、丹波の祇園祭として親しまれている亀岡祭、長く受け継がれてきた保津川下りの技術など素晴らしいところが数多くあります。そういった、地域の素晴らしさを継承していくためには、地域の魅力を理解し受け継いでいく人たちの存在が非常に大きいですが、自然環境や人々の暮らしの変化により後継者問題など、現実的には様々な課題が出てきています。

 時代の移り変わりと共に、京都市や大阪のベッドタウンとして亀岡には若い子育て家庭が多く住むようになってきました。せっかく縁あって亀岡で暮らすようになっても、地域の素晴らしを知らず地域の人たちとのつながりがないまま子育てをしている人たちが多いように思います。また、子どもたちも自分たちの住んでいる地域の魅力に気づかないまま、大学進学や就職を機に亀岡を離れていく若者が増えているのは非常に残念なことです。

 私たち亀岡子育てネットワークはでは、お父さんやお母さん、そして子どもたちが、自分たちの住んでいる亀岡は素晴らしい町だと気づいてほしい。そんな思いから、亀岡の魅力を伝えるための様々な取り組みをしています。
親も子も自分の住んでいる町の自然・歴史・暮らしなどの素晴らしさに気づき、愛着を感じることで、日々の生活はもちろん、子どもを育てる暮らしが豊かになっていきます。亀岡が自分のふるさとであるという実感が持てる子どもが増え、ずっと住み続けてほしいと願っています。
本事業は、公益財団法人京都地域創造基金「母なる川・保津川基金」助成を受けて運営をしています。 プロジェクト保津川
亀岡市
ちーたびちーびず 亀岡子育てネットワーク
この事業はNPO法人亀岡子育てネットワークが運営しています。

『保津川下りの造船所見学と舟の廃材を使った木工体験』   - 2015年 5月17日・11月8日 -

木工体験の様子

『廃材リサイクルのフォトスタンドのプレゼント』  -2015年12月・ゆりかごひろば・クリスマス会にて-

ゆりかごひろばの様子